マーケティングの本来の役割とは?

こんにちは。コージ・ポッターです。

 

今日もブログの続きをお届けしていきます。

まだ、私はブログを始めて一週間もないわけでして、ブログの機能や扱い方も正直良く分かっていません(笑)。

それでも読んでくださる読者の方がいるというのはとても嬉しいことです。

ありがとうございます。

 

さて本日のお題ですが、まずはマーケティングというものの本来の役割を知って頂きましょう。

世の中には似たような商品を作っていても、〇〇社の商品は飛ぶように売れて、✖✖社の商品はさっぱり……ということがよくあります。

 

今ではネット販売が当たり前になりました。

私も雑貨や衣類、書籍などはもう何年も前からほとんどネットで買うようになってしまいましたが、広告の打ち方や商品を置く場所(ネットでは画面上での映え方)、値付けの仕方などの創意工夫の積み重ね、つまり戦略が両社の差を生んでいるわけです。

 

この戦略の総称がマーケティングです。

 

マーケティング戦略をどう組み立てるかによって、商品の売れ行きは大きく変化します。この良し悪しの長年の蓄積がひいては企業の業績を大きく変えるのです。

今やマーケティングとはビジネスを行う上で無くてはならない概念であり手段なわけです。

 

マーケティングとは「モノやサービスを売るための仕組みづくり」だと前述しましたが「モノを売る仕組み」を構築する行為や手法はそれ以前の大昔から存在します。

 

江戸時代の日本にもありましたね。

一例ですが、江戸時代では日本全国の津々浦々で取れたお米を換金したい場合は、主に江戸(今の東京)と大阪の二つの米相場に集めてマネージメントする仕組みが既にありました。

 

一方で、「マーケティング」の概念は欧米からやって来ました。日本に届いたのはこれはまだ日が浅い……と言っても戦後しばらくしてからですから、1960年代あたりだと思われます。

今を代表するオムロンやホンダなど有名な企業の創業者(既にお亡くなりになっていますが……)、その方達がまだ若かりし起業家であった頃です。

 

マーケティングの最大の発明は、「モノやサービスを売るための仕組みづくり」に、わざわざマーケティングという言葉を当てたことです。

(これってとても重要なことです。)

 

それによって、「モノを売る仕組み」を言語化や可視化してみんなで議論できるようにしたことで、マーケティングの方法論について活発に研究が出来るようになりました。

 

言葉もまた発明の一つなのです。

 

マーケティングの方法論の議論が容易になったことから、次に、マーケティングをどのように組織や社会に組み込めばよいのか、そのシステムの具体案について建設的に対応できるようになりました。

 

いずれ、「概念」や「構想力」についても時間を割いてブログで紹介していきますが、マーケティングとは、人間が本来備えている「概念」や「構想力」というものをビジネスに応用しただけに過ぎません。

 

その概念を相手に伝えるために「言葉(コミュニケーション)」があり、構想力を具体化するために何かしらの「仕組み」が必要なだけなのです。

 

以上はとても大切なことですので、後々も折に触れて紹介していきます。

(続く)

 

 

 

マーケティング論は人生論だ!②

こんにちは。コージ・ポッターです。

このところ、ずいぶんと冷え込みますね。読者の皆様も暖かくしてお身体にはくれぐれもご自愛ください。

 

では、「マーケティング論は人生論だ!」の続きです。

 

前回では、私たちが「より良く生きるため」に、マーケットの「先取り、先読み」を可能にするマーケティングの方法論を活用しましょう……というお話をしました。

そして、「より良く生きる」という私たちの願いは、私たち一人一人が「自分らしく」生きていくための『自分探し』、さらには皆さまご自身の「人生論」に通じていくことはお察しの通りです。

マーケティング論は人生論」と少々面白おかしく見出しを掲げましたが、これこそが、私がお話したかった趣旨にあたります。

 

重ねて申し上げますと、あなたが家庭や職場の問題や課題の解決、将来の人生設計、とりわけご自身のライフスタイルと仕事の関係はとくに大切ですが、マーケティングの方法論は、キャリア形成、ひいては「自己実現」を果たすときのお役にも立てるのではないかと想像しています。

 

とりわけ、社会とそこに生きる私たちの関係性に焦点を当てながら、もつれた糸を解きほぐすように、論旨を明快にしながら解説していく心積もりです。

 

なぜなら、「自分らしさ」を知っておくことは、自分自身だけではなく周囲の人たちとの関わりにおいてもとても大切だからです。

 

そのために、マーケティングの方法論のみならず、当ブログではビジネスにおける自己認識やマネジメントの解説に加えて、人間が本来的に備えている行動特性や価値基準についても皆さまのお役に立てる程度で触れていきます。

 

どうすればキャリアアップできるか? 働く目的は何か? いえいえ、もっと言えば生きる目的や目指すゴール地点は何なのか? 

 

私たちが生きる上でぶつかる本質的な問いに応えることが目的です。

 

だからこそ、既に社会に出て働かれている、あるいはご家庭を持たれている読者の皆様のみならず、仕事に就いたばかりの若い方や、就職を考える学生の皆さんにも読んで頂ければ幸いです。

(続く)

 

 

マーケティング論は人生論だ!

 

こんにちは。コージ・ポッターです

 

前回(マーケティングって難しいの?)の続きをお話しましょう。

 

実のところ、ビジネスとはBtoBからBtoCまで、それこそ多種多様です。

 

ちなみに、BtoBとは、Business to Businessの略称です。B2Bとも表記しますよね。

BtoBでは、モノやサービスを取引する売り手と買い手の双方がビジネスを生業にしています。平たくいえば、企業と企業の取引です。だから、Business to Businessです。

例えば、トヨタさんを筆頭に、日産、ホンダ、マツダ、スバル等と国内にはグローバルで通用する自動車メーカーがいくつもあります。テレビでも頻繁にコマーシャルをされていますかから皆さんもよくご存じですよね。

 

とは言っても、この自動車を一台作るにしても部品点数は軽く一万点を超えるわけですが、これらの部品の大半は自動車メーカーではなく、その傘下や協力企業で製造されています。

このように、マーケットで消費者に販売される大抵の製品や商品は、現在では企業間で分業して製造されています。事業規模が一地方から全国へ、全国規模から世界に広がるににつれて、その方が製品を作るコストが安くなるからですね。

 

一方で、BtoCは、Business to Consumer(コンシューマー:消費者)のことです。

こちらは、会社や企業(売り手)が個人(買い手)に対して商品やサービスを提供する形態です。

売り手は、スーパーや百貨店、大型家電量販店や家具チェーン店など全国規模で展開している有名な企業から、小さな個人商店まで多岐にわたります。業態も様々です。

レストランやラーメン店、居酒屋などの飲食業、商店街に軒を連ねる物品の販売業、そのほかにマッサージや理髪店、ホテルや遊園地などもBtoCに相当します。

 

このように世の中には、私たちの便宜に応じてたくさんのビジネス(商売や取引)があるのですが、経営上の悩みや課題というのは構造的にはどれも似たようなものです。

 

また、私自身の経験ですが、これまで携わったジャンルもBtoBでは自動車産業や電化製品、半導体ビジネス、それに関わる製造装置や素材、成形、金型メーカーなど。BtoCではいくつもの起業家や個人事業主さんのご相談に応じていますが、どのような事業もその本質は同じもの。

 

その目的は「価値」を生み出すことです。

 

また、私の個人的な感覚で恐縮ですが、マーケティングの何たるかを体得した後は、いつの日からか、過去に自分の経験していない事業や商売であっても、相手に少しヒアリングをすると、その問題点や解決策がイメージとして瞬時に浮かんでくるようになりました。

例えば、ある事業の現状やその事業の構造からマーケットでの競争力を推考したり、なぜその商品が売れないのか、どこに問題があって、それをどう対策すれば、収益がどのように改善していくのかといったことです。

 

「そうか!」

 

知らず知らずのうちに、マーケティングの知見は、私にとって課題解決の最良のアイテムになっていました。

登山に例えるなら、どれだけ道に迷おうとも、ここを行けばいいと確信を持たせてくれる、いわば「地図とコンパス」です。

 

マーケティングでは、過去や現在のマーケットの事象について調査や分析を行います。そこで、将来のトレンドをいち早く読み解くことで、マーケットで勝ち残る、あるいは生き残っていくための戦略や戦術を構築するわけです。

 

マーケターが目指すべきこと。それは、あえて「極論」と断りを入れるならば、たった一つだけ。

「将来や未来のビジネスを作ること」。これを目的としています。

 

また、その方策は世の中に二つしかありません。いわゆる「先取り先読み」です。

 

一つは、将来のマーケットを自社で手ずから構築し形成していくのが「先取り」です。

そして、もう一つの「先読み」とは「マーケットの先」を読むこと。

すなわち、市場の先見を養って、そこを見据えた上でいち早くライバルや競争相手に先んじて効果的な事業上の施策を打つことです。ひいてはマーケットで先行者利益を享受することですね。

 

このように「先取り先読み」を可能とするマーケティングが提供する「地図とコンパス」。それには、何か新しいことにチャレンジする、あるいはこれからの長い人生を踏破していくブログの読者の皆さんにとっても普遍的な価値があります。

 

当ブログで今後掲載していく内容は、マーケティングの一般の教科書とは一味違うものになっています。

なぜならブログの中では、マーケットすなわち「社会」にアピールするものは「自分」であり、その目的は「より良く生きるため」だからです。

やりたい仕事を探したり、やりたいことを叶えたり……。

私たちが自分らしく生きていくための『自分探し』という人生論に「マーケティングの方法論」を活用しました。

(続く)

マーケティングって難しいの?

こんにちは。コージ・ポッターです

 

今日は、マーケティングと何か?それがどのように「自分探し」に活用できるのか?

という話を進めていくにあたって、私がなぜマーケティングに関わることになったのか、その経緯について少し自己紹介もかねてブログに記載していきます。

 

マーケティングという「モノやサービスを売る仕組みを構築する」仕事を始めて、かれこれ二〇年近く。その間、日系だけではなく主に欧米の会社をいくつも渡り歩いたり、自分で会社を立ち上げたりしてきました。「マーケティングの研鑽を積むためならば」と、それこそ手間を惜しまずチャレンジしてきました。

 

さて、若い頃の私は経営者になることを夢見ていましたが、仕事としてマーケティングに興味を持ったのは、それが事業の開発や展開を進めるにあたって、経営の根幹を成すツールであることに気づいたからです。あらゆる仕事のスタート地点にはマーケティングの考え方が必要だということです。

 

都心の大きな本屋さんに立ち寄りますとマーケティング関連の書籍は所狭しと並べてありますね。中には特設売り場を備えているところもあります。

多くのビジネスマンがやって来ては、次から次へとビジネス本を手に取って熱心に目を通しています。実務でビジネスやマーケティングの知識を必要としているのか、その表情は真剣そのもの。

 

実は、若い頃の私もそのように本屋で立ち読みをしているビジネスマンの一人でした。マーケティング関連の書籍をいくつも取り寄せてその内容を読むにつけ、「マーケティングは将来の自分の会社経営に役立つだろう」という手応えを感じる一方で、「これはとても奥が深いぞ!」と感じました。

 

しかし実際のところは...... その本質を理解するのは困難を極めました。

なぜなら、マーケティングの理解には深い実務経験を通した体験知が必要だったからです。本を読んだりするような机上の学習だけではなく、実地の体験とそこに伴う理解や気づき……それがあってはじめて習熟していくものなのですが、どんな仕事も究めるには相当の手間がかかります。

 

以来、マーケティングに対する造詣を深めるために、マーケティングや事業企画だけではなく、営業や販売、開発や製造など、仕事や職場を変えながら、これらの業務に実務的に携わり試行錯誤を重ねてきました。

こうして私も一歩ずつ、「モノやサービスを売る仕組みを構築する」というマーケティングの実相に迫っていった次第です。

 

おかげさまで今はその経験を活かして、企業の経営層や若い起業家、事業の展開を担っているマネージャーの皆さんに個別かつ具体的にマーケティングのアドバイスをしています。

(続く)

マーケティングで始める「自分探し」


はじめまして

コージ・ポッターです

 

マーケティングで始める「自分探し」、と題してブログを始めました。

 

私は経営コンサルタントを生業としています。

経営コンサル、とりわけマーケティングという「モノやサービスを売る仕組みを構築する」という仕事を始めて、かれこれ二〇年近くになります。

その間、主に欧米の会社をいくつも渡り歩いたり、自分で会社を立ち上げたりしてきましたが、「自分らしく生きている」、「この仕事をやってきて良かった」            そう思って仕事をしている人が、世の中がコロナ不況やウクライナ戦争で混迷としているからか、あるいは時代の変化のスピードが速すぎて付いていくのが精一杯なのか、私の周囲ではとても数が少なくなってきているように感じています。

 

世界各国の企業を対象にした従業員のエンゲージメント調査によると、日本は「やる気に満ちている」社員の割合が10%以下であることが分かっています。ちなみに米国では30%程でここ数年推移しているそうです。

 

「自分のやりたいことができていない」、「やるべきことが多すぎる」という自分の期待と社会の期待のギャップで悩んでいたり、仕事で精一杯頑張っているにもかかわらず、思うように成果が出ない……ということも多々あるでしょう。

 

また、仕事の進め方で悩んでいても、職場で誰一人相談できる人もいなかったりと……そんなこんなで、ストレスもたまって肩身も狭いという方が世の中にはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

先の調査では、国内で「やる気がない」と見なされている社員は全体の七割にも及ぶそうです。

 

かつて私生活をかえりみず仕事に打ち込んだ「モーレツ社員」という言葉も日本ではすっかりすたれてしまいましたね。

社会の変化が激しくなりリストラも常態化した今日では、サラリーマンの勤務先への帰属意識も大きく低下しています。

 

「努力してもたいして報われない」と考えるサラリーマンが増える一方で、上司の指示を待つだけの無気力な社員さんの行動は、事故や製品の欠陥、顧客とのトラブルなど、会社が抱える問題に少なからず影響していることも報告されています。

 

職場でのトラブル多発に天を仰ぎ、はては「明日からどうやって生きていけばいいのか」、「そもそも生きるとは何か」と行き詰った挙句に人生について考える日々……。

 

いやいや、忙しい毎日の中で「そんなことを考える余裕や機会すらない」という人も多いかもしれません。

 

言うまでもなく、人生を幸福に過ごそうとするには、世の中は大変なことが多すぎます。学校や会社という「社会」が自分を囲んでいる以上、いろいろな現実に縛られるものです。

ましてや、現代は変化が激しい「不確実な時代」、「正解のない時代」とも言われています。

 

そこで当ブログでは、学生や社会人の皆様に向けて『自分探し』の具体的な方法論を提示することにしました。

 

ただの根性論や精神論ではありません。

 

マーケティング」の視点から考える『自分探し』です!

 

でも、マーケティングと『自分探し』が一体どう関係あるの?

そう思う方にこそ、このブログを読んで頂ければと思います。

皆さんがご存じの一般のマーケティングとは趣きがまるで異なります。

 

と言っても、

「そもそもマーケティングって何の役に立つの?」

マーケティングって広告や宣伝のことでしょ」というように、

誰に対して何をすることなのか、そもそもマーケティングをご存じの方は非常に少ないかもしれませんね。

 

そこで、当ブログではマーケティングのことも学びつつ、「マーケティングの方法論」を用いて、やりたい仕事を探したり、やりたいことを叶えることで、私たちが自分らしく生きていくための『自分探し』に役立てたり、今やっている仕事を通して、キャリアアップや自己実現につなげていきたい方をサポートしていきたいと思います。

 

マーケティングの本来の意味とは、「モノを売る仕組みを構築する」ことを指しています。

まずは商品の良さや価値を見出す。そしてマーケットのニーズを的確に捉える。

その上で商品を必要な方に必要なだけお届けする。

 

いわば、マーケティングとは商品の「適材適所」をマネジメントする方法論なのです。

 

そして、実はマーケティングの考え方は「商品を売るための地図とコンパス」

 

こんな不確実な時代に商品を販売して、先行きは不透明なのに本当に大丈夫か……?

マーケティングはそんな視界の開けない時代でも、ビジネスを前進させる「確からしさ」を私たちに与えてくれます。

 

このマーケティングの方法論を活用して、商品を「自分」に置き換えたなら……

 

まずは、商品自身が備える良さや価値というものを見出すのと同じように、「自分を知ること」ということがとても大切、ということです。

 

「仕事を通じて夢を実現したいんだけど」

「何をどういう手順で進めれば良いか分からない」

といったような、ある種、私たちがより良い人生を歩むためにも、キャリア形成の上でも「自己理解」はとても重要です。

 

そして、社会でのはまりどころ、すなわちご自身に合った仕事や職場、働き方を社会に見出していく「適材適所」を自分なりに考えてマネジメントできるように、当ブログでは関連する情報を発信していきたいと思います。

 

そうすることで、皆さんは今までよりもずっと効果的に、自分を周囲に、そして社会にもっとアピールして、活躍できるようになることを願ってやみません。

 

そのためには、まずは「自分らしさとは何か」というあなた自身のアイデンティティの確立や社会との関わり方、これらについて理解することをお勧めします。

そして、「夢を実現するためにはどうすればよいか」といったキャリアアップや転職に関連する様々な問題についても紐解いていきますので、乞うご期待!